育児経験のない同僚の一言にたまたまイラッと。

機会の変わり目、おとなも小児もカラダをくずし易いですよね。
つい先日、我が家の長男もカラダを崩してしまいました。
共稼ぎ出所引き取り手の結果、我々が役割を休んで気がかりを見るしかありませんでした。

何日か役割を休んで出勤すると、私の職務スタッフ内で次月の休日の統率をやる要素でした。
休んです引け目もあり、我々は次月はお休みしない考えを親分に知らせ済みだ。

ブレイクタイムになり、横の同僚(独り暮し婦人・10年代後半)が休息予定のメッセージを振ってきました。
彼氏は、我々が小児の疾患などで休んでも不愉快顔せず役割を引き継いでくれるような有難い子供だ。
気まずさもありあいまいに返事をする我々。
次月のオペレーティングシステムを見て、「○○氏(我々)お休みとらないんですね!」と、彼氏が気づきました。
「もう色々休んじゃってるからね〜」と苦笑するしかありません。そんな立場でのあやふや返信と苦笑はとうに強み技術だ。
そこで彼氏は笑顔でワンポイント。

「大丈夫ですよ!小児が疾患だって言って休んじゃえばすばらしいじゃないですか!」

悪気は弱いんでしょう。恐らく。
嫌がらせをいうタイプではないので。
でもついイラッとしてしまいました。
言われても仕方ないけどどうしても傷つくのです。キャッシング 金利が安いところは